2014年06月27日

なんでモノクロが好きなんだろう

「モノクローム〖monochrome〗
@一色だけで描かれた絵画。単色画。単彩画。
A画面が黒と白の写真や映画。⇔カラー。」
(スーパー大辞林3.0)

PA160181.jpg
BCL-1580 + E-P2

R0016490.jpg
A12-28mm + GXR

DSC02896.jpg
NEX-5(レンズ不明)

DSCF0797.jpg
X100B

DSCF0788.jpg
X100B

DSC02880.jpg
NEX-5(レンズ不明)

SDIM0506.jpg
DP2x

DSCF0808.jpg
X100B

DP1M4119.jpg
DP1 Merrill

「モノクロフィルムは、黒と白の濃淡で表現する写真フィルムを指す和製英語である。モノクロは、モノクローム( 英語: monochrome )の略であり[1][2]、もともとはフランス語で「単一の色彩で描かれた絵画」である「単色画」「単彩画」を指す美術用語であり、そもそもの意味では必ずしも「黒白」を意味しない[2][3]。白黒写真のことは、英語では black-and-white, フランス語では noir et blanc と、たんに「黒と白」を意味する語で呼ぶ[3]。
モノクローム写真(英語: Monochrome photography)は、写真に撮られた対象物の色彩を記録するのではなく、写真に生成される画像が単一の色相をもつもののことである。黒色と白色との間の灰色の色調を生み出す白黒写真は、すべてモノクローム写真のカテゴリに属する[4]。現行の白黒フィルムはパンクロマティックフィルム(英語版)であり、可視光線のすべてを記録する[5][6]。オルソクロマチックフィルム(英語版)は、可視光線のうち590ナノメートル未満の波長を持つ光線を記録する[7]。
モノクローム写真、とりわけ白黒写真は、カラー写真に比して、微妙かつ現実に対する解釈的な表現であり、リアルさに欠けるものであると考えられている[4]。モノクローム画像(白黒画像)は、対象物を表現として直接差し出すものではなく、現実から抽象されたものであり、灰色の陰影で色彩を表象する。色彩についての情報は含まずに明度情報のみで示すことをコンピュータ用語ではグレースケールと呼ぶ[8]。」
(「モノクロフィルム」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2014年3月6日 (木) 14:21 UTC)


posted by straysheep67 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マツダ・キャロルの写真など見ると
色情報が無い分、質感情報がビビットに伝わる気がするし画像のキメも細かく感じる。

日本には水墨画や書や拓本・魚拓があるので
西洋人より色の無い世界を違和感無く受け入れられるのではないだろうか?

水墨画などは、墨の陰影・濃淡・かすれ・勢いなどの情報をもとに
観る人がそれぞれの脳の中で色を感ずることを促している気がする。

この、露骨でない奥ゆかしさがモノクロ写真の場合でも感じられる。
「目でものを言う」「背中で語る」こと細かに説明しない。日本人が既に味失いつつある感性かも知れない。

ホームに電車が入って来る・・・
「2番線に列車が入ります。危険ですので白線よりさがってお待ち下さい。降りられる方を待って順にお乗り下さい。駆け込み乗車は危険ですのでお止め下さい。降りられる方は傘など忘れないようご注意下さい。間もなくドアーが閉まります。次は新大久保・・・」こんな国になってしまった。(笑) 列車など黙って入って来て、時間になれば出て行く・・・そんな国も多くあります。

Posted by nobrin-7 at 2014年06月28日 21:32
nobrinさん

なるほど、そういう切り口ですか!説明しすぎない奥ゆかしさに惹かれるものはありますね。見て感じて足りない部分を補うというか、そこに自分なりの物語を映し出す余地がより多くある。

家族や友達など、自分にリアルに関わっている人を撮ったモノクロ写真は、後から見ると、より美しい思い出としての記憶がよみがえる気がします。(自分の子供をモノクロフィルムで沢山撮っておいて良かったと、子供達が小さい頃のモノクロプリントを見る度に思います)

あとwikiにも書いてありますけど、リアルさに欠ける、現実から抽象されたもの、など、日常を非日常に変えてくれる感覚が快感なのかも、とも思います。

その他にもいろいろな要素があると思いますけど、黒と白とその中間のグラデーションが作り出す「色彩」が単純に見ていて気持ちイイというのもあると思います。
Posted by straysheep67 at 2014年07月01日 01:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。