2014年08月27日

開放専用 GR LENS f=28mm 1:2.8

IMGP0708.jpg

十数年前に入手したGR1のレンズヘッドが抽斗の中から出てきました。

GR000346.jpg

距離計連動に改造してライカで使えないかなぁと思って、当時色々いじったけど、電子制御の絞り羽根を手動で制御できるようにする方法が見つからなくて、10年以上ずっと放置していたものです。

GR000349.jpg

ミラーレス用ならLかMマウントにするだけでヘリコイド付アダプターで簡単に使えるので、あり合わせのパーツを旋盤で少し加工して何となく形にしてみました。

GR000347.jpg

でも絞り羽根の制御は出来ないので開放専用です。

IMGP0705.jpg

α7に装着すると四隅のマゼンタかぶりもほとんど感じない程度なので、カラーも大丈夫そうです。

以下、開放専用 GR LENS f=28mm 1:2.8 改 + Hawk'sヘリコイドアダプター + α7で撮った写真です。

DSC01599.jpg
センサーとの相性で大きく左右されると思いますが、α7では周辺減光が少しあります。

DSC01601.jpg
空などを写すと四隅のマゼンタかぶりを僅かに感じます。α7Rではもっと顕著に出るかもしれませんし、α7Sでは皆無になるかもしれません。ちなみにAPS-Cで24MPのNEX-7では大胆にマゼンタかぶりします。

DSC01606.jpg
絞れないのでピントがシビアでスピーディな撮影はできませんが、開放でもスナップ結構いけます。

DSC01607.jpg
さすがGRレンズ、歪曲収差は皆無なようです。

DSC01633.jpg
ヘリコイドアダプターを目一杯繰り出しての近接。

DSC01635.jpg
保管がいいかげんだったので、後玉にかなりのキズがあり、その所為で少しほんわり写ります。周辺減光と相まって現代のレンズらしからぬ写り???


posted by straysheep67 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | RICOH/GR LENS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

『脇差カメラとしてのGR』RICOH GR

DSC00200.jpg
Carl Zeiss Sonnar FE 2.8/35 ZA + NEX-7

脇差カメラをRX100からGRに変えて3週間使った感想は、速いけどなんかしっくり来ない、シャッターを切った時の印象よりちょっと色褪せたテンション下がる写真が撮れている、というちょいネガティブな印象です。
SONYの画にすっかり慣れてしまったからなのか、DP1 Merrillの快感画質と比べてしまうからなのか、まぁでも使っているうちに、じわじわとGRの良さを感じたりもするのでしばらく使い込んでみます。(RX100は娘が気に入っちゃって毎日持ち歩いてますしw)

以下RICOH GRで撮影、1/2リサイズのみのJPEG撮って出し。

GR000110.jpg

GR000181b.jpg

GR000186.jpg

GR000187.jpg

GR000210.jpg

GR000233.jpg

GR000247.jpg

GR000294.jpg

GR000296.jpg

GR000307.jpg

GR000318.jpg

GR000322.jpg

GR000336.jpg
posted by straysheep67 at 09:00| 東京 ☀| Comment(2) | RICOH/GR LENS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

『有楽町にて』RICOH GR

GR000073.jpg

あの衝撃から14ヶ月、やっと買いました、GR。

GR000091.jpg

たぶんコレは本命?ずっと使うだろうなと思ったので、新品に延長補償の武装態勢です。(笑)

GR000092.jpg

日曜日に久しぶりに家族全員揃って出かけたので、GRだけでスナップを撮りましたけど、今まで使ったデジの中で最速です、レスポンスも最速だけど、あらゆる面で迷い無く咄嗟にシャッターが切れる完成度の高さを感じました。

GR000094.jpg

28mmと一番相性の良い季節がきましたし、しばしレンズの森から少し抜け出て、GRメインで行こうかなぁと。


で、折角なのでGRとDP1 Merrillの描写比較。

GRはJPEG撮り、DP1 MerrillはRAW撮りSPP無補正現像です。手持ち撮影なので、フレーミングは少しずれてます。どちらもF5にしたつもりでしたがGRはF4.5で撮ってました。と、かなりイイカゲンです。(オリジナルサイズでアップしています)

GR000107.JPG
GR(ISO100,F5)

DP1M4176.jpg
DP1 Merrill(ISO100,F5)

ローパスレスで解像感も充分なGRですが、DP1 Merrillは桁違いの解像感です。特にスーパーカブの金属やプラスチックの質感と超絶立体感はFoveonならではの描写だと思います。ただしDP1 Merrillは欠点もあり、周辺部の明暗差の激しい境界線やアスファルトに偽色が出ています。GRはパープルフリンジが皆無なのが素晴らしい!こういうカメラが欲しかった!

下の写真はGRの画像の色調やコントラスト、彩度、シャープネスなど弄ってMerrillに近付けてみたものですが、やっぱり全然違いますね。

GR000107c.jpg
GR(加工後)
posted by straysheep67 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | RICOH/GR LENS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。