2013年12月04日

『品川〜大井町』SWH15 + α7の試し撮り。

DSC00334.jpg
SONY RX100

スーパーワイドへリアー15mm F4.5とα7の組み合わせの試し撮りを兼ねて、品川から大井町まで歩いた。

いつもは旧東海道を歩いているけど、線路にそって御殿山のあたりを通って歩いた。

(α7のJPEG設定はエクストラファインではなくファインで撮影して、カラーはiPhotoにて6000×4000→3000×2000にリサイズとJPEG再圧縮のみの加工です。)

DSC00200.jpg

DSC00204.jpg

DSC00206.jpg

DSC00208.jpg

DSC00210.jpg

DSC00212.jpg

DSC00213.jpg

DSC00216.jpg

DSC00217.jpg

DSC00219.jpg

DSC00220.jpg

DSC00221.jpg

(モノクロはiPhotoにてモノクロ化とシャドウやハイライトなどいじって、6000×4000→3000×2000にリサイズとJPEG再圧縮加工です。)

DSC00223.jpg

DSC00225.jpg

DSC00227.jpg

DSC00228.jpg

DSC00233.jpg



posted by straysheep67 at 00:00| 東京 ☀| Comment(8) | Voigtländer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

SONY α7 + Voigtländer NOKTON CLASSIC 35mm F1.4

DSC00301.jpg
SONY RX100

α7の見た目で一番そそられるポイントは、何と言ってもこの「むき出しのフルサイズセンサー」です。

ミラーやシャッター幕に守られる事無く、レンズを外すとマウント内ぎりぎりというか四隅が隠れるくらい大きなイメージセンサーがいつもむき出しで晒されている。

これは『物』としての迫力と説得力があってボクはグッときてしまいます。

DSC00288.jpg
SONY RX100

フォクトレンダーのノクトン・クラシック1.4/35 SCを装着して大井町をぶらぶらしましたが、写真を撮る事にすーっと集中していけるカメラだと感じました。

EVFは今まで使ったカメラの中でも一番リアルな見えで、ピントを追い込む為に拡大すると、被写体の生々しい質感にドキっとする事もありました。(ただし、APS-Cクロップ時はEVF像が著しく劣化してしまうのが残念)

DSC00053.JPG
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り開放)・JPEGファイン撮って出し

DSC00054.JPG
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞りF5.6)・JPEGファイン撮って出し

(以下、JPEGファインで撮影、iPhotoにて6000×4000→3000×2000にリサイズとJPEG再圧縮のみの加工です)

DSC00051.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り開放)

DSC00047.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り開放)

DSC00048.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り開放)

DSC00056.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞りF5.6)

DSC00058.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞りF5.6)

DSC00061.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞りF5.6)

DSC00063.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り開放)

DSC00068.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り開放)

DSC00070.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞りF5.6)

DSC00067.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞りF5.6)

DSC00071.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り不明)

DSC00073.jpg
SONY α7 + NOKTON CLASSIC 35mm F1.4(絞り不明)
posted by straysheep67 at 08:44| 東京 ☀| Comment(0) | Voigtländer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

もしかしてネ申レンズ? SWH 15mm F4.5

R0017389.jpg
RICOH GXR S10 24-72

ネットを見てると時々「神レンズ」とかいう言葉を見かけるけど、この神レンズって言い方、何とも納まりの悪い言葉に思えてしまうのですが、まぁ神レンズの定義もイマイチ理解出来ていない私です、

と言っておきながら矛盾しますが、そんな私にとっての「もしかして神レンズかも!」って存在なのがフォクトレンダーのスーパーワイドへリアー15mm F4.5です。

EPSN1924.jpg
EPSON R-D1 + Voigtländer SWH 15mm F4.5

私にとってSWH15mmはコシナ製レンズの中で所有期間が一番長く使用頻度も一番高いレンズですが、80年以上前のライカに着けてもM型ライカに着けてもデジタルRFやミラーレスに着けても、それぞれに面白味があって、デザインもイイし小振りで軽量、ホロゴン級の超広角で超高性能、コストパフォーマンスも含めて言う事無しです。

R0017342.jpg
RICOH GXR S10 24-72

R0017353.jpg
RICOH GXR S10 24-72

R0017357.jpg
RICOH GXR S10 24-72

R0017355.jpg
RICOH GXR S10 24-72

DSC_1349.jpg
Nikon COOLPIX A

フィルムスキャナーで取り込む作業が面倒なのでデジで撮った写真しか載せられませんが、本当はフィルム(ライカ判)で撮った方が断然面白いレンズですよね。

以下RICOH GXR MOUNT A12で撮った写真です。
(MOUNT A12の周辺光量補正を-2にして、わざと周辺光量落ちさせてます)

R0017382.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer SWH 15mm F4.5

R0017384.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer SWH 15mm F4.5

R0017365.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer SWH 15mm F4.5

R0017379.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer SWH 15mm F4.5

R0017374.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer SWH 15mm F4.5

posted by straysheep67 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | Voigtländer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。